軽井沢の別荘とリゾート情報 (Real Estate Karuizawa)
Resort Villa, Summer House, Cottage, Cabin, Hot Spring, Skiing, Invest in real estate in Japan.
Link

このブログをリンクに追加する



プロフィール

エステート軽井沢

Author:エステート軽井沢
軽井沢の不動産業者
「株式会社エステート軽井沢」
のツイッター補助ブログです。
軽井沢のセールスマンとして
別荘だけでなく軽井沢の魅力と
観光PRをしていきたいです。

プロフィール画像はパディ、
マスコット犬。よろしくね。



Twitter



ブログ村に投票お願いします



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



最新コメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道 ニセコ・グランヒラフ
2月のはじめに北海道へ行ってきました。
目的は「さっぽろ雪まつり」と「ニセコ見学」

今回はニセコで撮影してきた写真を中心に紹介します。

どうして ニセコのグラン・ヒラフ に行くことになったのか?

その経緯から説明します。


中国の経済成長率が高くチャイナーマネーが世界的に注目されている。
       ↓
とりあえず上海に行って調査してこよう!
       ↓
ショッピングセンターでの日本企業の人気を確かめ
現地の不動産業者を回って話を聞く
       ↓
中国人にとって人気がある日本の地域はどこか聞いてくる

・観光も買い物もできる東京
・“一番”が好きなので日本一高い富士山
・温泉や景観がよく別荘地として人気の箱根
・映画 「狙った恋の落とし方」 の成功により人気になった北海道

などの地域が人気らしいですが、別荘地軽井沢はおろか
ほとんどの中国人は長野県すら知らないらしい。

圧倒的なアピール不足です。

その上、中国本土では住宅購入資金の持ち出しが厳しく
複数回に分けて日本に送ったり、香港経由しないといけないので
色々と面倒なようです:;

日本で別荘購入している中国系の方は本土ではなく
台湾か香港の人だと思ったほうがよさそうです。


また、外国人による北海道の知名度を聞くと
どうやらニセコはオーストラリア人に人気のスキースポットで
街全体で外国人観光客を呼び込むための取り組みをしているそうです。

スキー好きな外国人ならニセコほどじゃないけど
白馬を知っている人もいるんじゃないか、とも言っていました。

けれど軽井沢はまだまだ・・・色々と調査して
「国際親善文化観光都市」 にふさわしい町になれる方法を探してます。


この記事を読んだ方も一緒に考えられるよう
ニセコがどんな街なのか紹介します。

CIMG2339.jpg

新千歳空港からバスで羊蹄山を迂回して向かいます。

CIMG2369-a.jpg

ひらふのマップ

北にスキー場があり村全体が観光地として栄え
ホテルやペンション、スキーショップ、飲食店が立ち並びます。

標高差900m、最大斜度37度、最大滑走距離5,600m
34のコース、ゴンドラ1基、リフト14基
ニセコアンヌプリで最大のスキー場
1~2月は毎日積雪がありパウダースノーがうり。

雪国で観光と生活の支障となる道路の雪を
ひらふではロードヒーティングで融雪しているそうです。
関連資料がPDF形式であったので紹介。

「地中熱利用融雪・暖房システム 詳細ビジョン報告書」
by 倶知安町 平成19年3月  84ページ辺りから

CIMG2365-a.jpg

ウェルカムセンター前
すでにウィンタースポーツ目的の外国人観光客が何人もいました。

CIMG2370.jpg

中に貼ってある案内や広告も英語表記で徹底してます。
もちろん日本語のものもあります。

CIMG2376-a.jpg

グラン・ヒラフのスキー場

CIMG2382.jpg

ヒラフ内を走る無料シャトルバス

CIMG2428.jpg

シャトルバス乗り場の看板

運行時間 8:30~20:30
スキー・スノーボーダー専用時間 8:30~10:00と14:00~17:00

ターゲットである観光客に喜ばれるサービスを徹底しているんですね。

CIMG2407.jpg

こちらのバス停は英語表記ばかり。

CIMG2409.jpg

やってきたバスを見ると完全に異国の地です。

CIMG2380b.jpg

ちょっと面白かったのがこの看板
「路面滑走禁止」

街中も斜面が多いので滑りたくなるのでしょうか?

CIMG2425b.jpg

北海道ならどこでもあるコンビニ「セイコーマート」
特に英語表記はありませんが、それでも多くの外国人が利用していました。

CIMG2393-a.jpg

街を歩くと見かけるのは英語表記と外国人観光客ばかり。
本当にここは日本?と思ってしまうほどの人気ぶり。

南半球で季節が日本と逆のオーストラリア人に見出された地なので
スキーヤーのほとんどはオーストラリア人。
中には不動産やペンションの経営をしている方もいるそうです。

ちなみに地元に住む日本人はヒラフあたりでは滑らないので
ここで滑っている日本人は東京辺りから来たと思っていいらしい。

CIMG2396-a.jpg

スキー・スノーボードのショップ

CIMG2413.jpg

同じくスキー・スノーボードのショップ

CIMG2388-a.jpg

このバーは完全に外国です。

CIMG2387-a.jpg

日本では冬のこの時期、オーストラリアでは夏のバケーションシーズン。
2週間~1ヵ月ほど休暇をとってニセコへ滑りに来るため
マンションを購入してしまう方も多いそうです。

そのため街中に次々と新しいマンションが建ち
不動産広告を見ても必ず 「ゲレンデまで何km」 のような表記があります。

ところ変わればアプローチの仕方も変わるんですね。

またブログを見に来てもいいかな?
と思ったらクリックおねがいします


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://estatekaruizawa.blog137.fc2.com/tb.php/126-5fb66047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。