軽井沢の別荘とリゾート情報 (Real Estate Karuizawa)
Resort Villa, Summer House, Cottage, Cabin, Hot Spring, Skiing, Invest in real estate in Japan.
Link

このブログをリンクに追加する



プロフィール

エステート軽井沢

Author:エステート軽井沢
軽井沢の不動産業者
「株式会社エステート軽井沢」
のツイッター補助ブログです。
軽井沢のセールスマンとして
別荘だけでなく軽井沢の魅力と
観光PRをしていきたいです。

プロフィール画像はパディ、
マスコット犬。よろしくね。



Twitter



ブログ村に投票お願いします



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



最新コメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンガの間取りと建築模型展」行ってきました!
3月の終わりごろ、イベントも終了間近の時期に
軽井沢からはるばる伊那市まで行ってきました。

すでに展示は終了していますが、次にどこかで開催されるかも分からず
せっかくの作品群を紹介できないのはもったいないのでまとめておきます。

DSC03962b-a.jpg

場所は1930年に創建された「伊那市創造館」
かつては「上伊那図書館」として利用されていた施設です。

当時は子供たちが屋上でお弁当を食べていたらしいのですが
今は屋上がすべて塞がれているので上れません。

DSC03827-a.jpg

今回の建築模型展をきっかけに1/50スケールの模型を作製したらしいです。

DSC03848-a.jpg

かつては著者である影山さんの住んでいる岩手県で開催され
その企画展を訪れた伊那市創造館の館長が感動、協力をお願いして実現したそうです。

会場内はフラッシュなしであれば撮影OKとのことなので、ざっと撮影してきました。
まずは2Fから。

DSC03711.jpg

入ってすぐにマンガ本が模型とともに飾ってあります。
この企画展のスタイルのようです。

DSC03713-a.jpg

サザエさんのエンディングに出てくる別荘?の想像模型
本来は真正面の絵しかないので、2パターン用意。

DSC03724-a.jpg

展示室の様子

DSC03723-a.jpg

「たてものの歴史 江戸~明治~大正~昭和初期」
JIN -仁-、はいからさんが通るなど

DSC03771-a.jpg

「野球横丁と懐かしマンガの街」
巨人の星で登場した壁に開いた穴なども再現

DSC03763-a.jpg

「マンガ商店街1丁目1番地」
キャッツ・アイ、アンパンマン、じゃりんこチエなど

DSC03830-a.jpg

本棚には模型展示されている作品のマンガ本が並べられ、
設置されたDVDで、この企画展を特集した番組を見ることができます。

DSC03832-a.jpg

展示室の様子

DSC03728-a.jpg

「たてものの歴史 昭和」
ドラえもん、パーマンなど

DSC03764-a.jpg

「たてものの歴史 平成」
スラムダンク、頭文字Dなど

DSC03847.jpg

こち亀に登場した佃煮屋の間取りを完成させるのに7年かかったらしいです。
情熱がすごい・・・。

DSC03833-a.jpg

「ちょっと古いマンガ」
釣りキチ三平、ブラック・ジャックなど

DSC03846-a.jpg

「ハイジとヨーロッパの建物」

DSC03849-a.jpg

「わりと新しいマンガ」

DSC03904.jpg

中にはこんな小道具が一緒に飾られているものや

DSC03901.jpg

銭湯そのものを再現した力作もありました。

DSC03910-a.jpg

鉄腕アトムの家

DSC03916-a.jpg

1Fの展示室

DSC03928-a.jpg

ここにも作品紹介のマンガ本があります

DSC03945-a.jpg

軽井沢シンドローム

軽井沢駅前の本通りを上っていき、東雲交差点の手前にあるカフェ
「古月堂」 が舞台として登場する作品です。

古月堂は夏の間しか開いていないようですが
店内には軽井沢シンドロームの作者たがみよしひささんの
原画が飾ってあり、ファンが集う場所でもあるそうです。



気がつけばこの小さな会場に2時間ほど滞在していました。
私にとっては、それほど興味深い分野だったようですw

「千と千尋の神隠し」の建築批評を読んでから
作品の中にしか登場しない建築物に興味を持ってしまったので
仕方ないといえば仕方ないかな。

最近はCADソフトで作成したCGで
外観も内観も作ってお客様にプレゼンできるため
昔に比べると建築模型の需要は少なくなってるようです。

今回の企画展は建築模型の新たな活用法として
面白いアプローチだと思います。

DSC03963-a.jpg

さて、創造館を後にしてどこに行こうかと迷いました。

なぜならこの時期はまだパワースポットとして有名な
『分杭峠』 に入れず、 『高遠城址公園』 の桜も咲いていないため
長時間の運転に備えてリフレッシュ!ってことで「みはらしの湯」へ。



伊那市創造館にて開催された第6回企画展
「マンガの間取りと建築模型展」の観覧者数は2,257名

伊那市の人口が約7万人なので
約3%の方が足を運んだことになります。

また面白い企画展があれば行ってみたいです。

作者のブログでも会場の様子をご覧になれます
 ・ 「いわて春風組」
 ・ 「間取り探偵」

過去のブログ関連記事
 ・ 「マンガの間取りと建築模型展」
 ・ おすすめ本 「名作マンガの間取り」

またブログを見に来てもいいかな?
と思ったらクリックおねがいします


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:信州 - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://estatekaruizawa.blog137.fc2.com/tb.php/131-ecc8797f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。